ホーム  >  新着情報

新着情報新着情報

2019年日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯開催にむけて

(2018年09月09日)

アジアナンバーワン決定戦、『第51回日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯』(賞金総額2億円、優勝賞金3,600万円)が小杉カントリークラブ(富山県・6605ヤード/パー72)で行われ、申ジエが通算16アンダーで優勝。
いよいよチェリーヒルズゴルフクラブで開催される『第52回日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯』まで、残すところ1年となりました。

日本女子プロゴルフ選手権大会は1968年から開催されている歴史ある大会

チェリーヒルズゴルフクラブのクラブハウス内には歴代優勝者が掲載されたパネルが展示されています。
第1回大会から7年連続優勝の樋口久子をはじめ、岡本綾子、大迫たつ子ら日本女子ゴルフの基盤を築いた名選手達33名。
昨年引退を表明した宮里藍(2006年優勝)、今年の大会でも活躍した有村智恵(2012年優勝)、テレサ・ルー(2015年優勝)、鈴木愛(2014年、2016年優勝)、昨年優勝の李知姫(2017年優勝)らLPGA50年の歴史を垣間見ることができます。

歴代優勝者パネルは、フロント横に設置されております。

第52回大会までの1年間となりました。
”トーナメントコース” チェリーヒルズゴルフクラブで歴代優勝者を目にし、当時の記憶を思い出すとともに、来年の選手権でプレーする女子プロたちの姿を想像しながらプレーをお楽しみください。

■第52回日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯
開催期間:2019年9月12日(木)~16日(日)

フィリピン航空ロングランコンペ第3週目の当選者が決定

(2018年09月04日)

チェリーヒルズゴルフクラブで開催されている「フィリピン航空ロングランコンペ」

このロングランコンペは、8月13日~9月9日の期間で開催されており、月曜から日曜日の間の参加者の中から毎週29位の方にフィリピン・セブ島までの往復航空券があたります。
29位は今年チェリーヒルズゴルフクラブが開場29周年であることから特別賞として設定されました。

「フィリピン航空は1941年に設立されたアジアでも歴史のある航空会社」
フィリピン航空直行便で日本から4時間半でいける人気のプレミアムリゾートアイランド。
リゾートや観光・ショッピングの他にも、セブ島で本格ゴルフが楽しめます。

近年、東南アジアの国々は国策でゴルフ場開発が進められ、有名設計かを招聘して、クォリティの高いゴルフ場を次々とオープンされています。
そんな南国でのリゾートゴルフはゴルファーにとって憧れのひとつ。
ただ、唯一の不満が、年齢とともにつらくなってくる長時間フライトでしょう。
そんな不満を解消するディスティネーションが、日本からフィリピン航空の直行便でわずか4時間半、気軽にいけるプレミアムリゾート「フィリピン・セブ島」です。
セブ島へはフィリピン航空の直行便が快適。デイリーフライトだから旅行日程も思いのままに。

セブ島へは、フィリピン航空がおすすめです。

特設サイトはこちら(http://www.chgc.jp/longrun2018/



そんなフィリピン・セブ島までの往復航空券があたるフィリピン航空ロングランコンペにぜひご参加ください。


フィリピン航空ロングランコンペ第3週目の当選者が決定

第3週目は8月27日から9月2日の参加者が対象となります。

ご当選者様にはチェリーヒルズゴルフクラブよりお電話にてご連絡申し上げます。

3週目の結果はこちら(http://www.chgc.jp/longrun2018/result/20180827-0902result.pdf

9月9日まで毎日開催しておりますので、ご来場の際はご参加をお待ちしております。

 


新ランチメニュー登場

(2018年09月01日)

チェリーヒルズゴルフクラブレストランでは、ランチメニューに新たに3品目が加わりました。

■長月御膳
2,000円 1012kcal

お酒によく合う秋刀魚の蒲焼きや、カツオのとんぶり和え、茸がふんだんに入った炊き込みご飯など、多彩な味わいがお楽しみいただける御膳です。



■鴨せいろそばと鯖寿司
1,500円 775kcal

鴨肉の旨みと香り豊かな深みのあるつけ汁
今が旬の脂が乗った鯖寿司のセット



■担々麺
1,300円 740kcal

挽肉の旨みと胡麻の香りが食欲をそそる坦々麺
ラー油でピリッとした辛味がアクセントに

ご来場の際は、ぜひご賞味ください。
▼レストランメニューを見るwww.chgc.jp/restaurant/

フィリピン航空ロングランコンペ第2週目の当選者が決定

(2018年08月27日)

チェリーヒルズゴルフクラブで開催されている「フィリピン航空ロングランコンペ」

このロングランコンペは、8月13日~9月9日の期間で開催されており、月曜から日曜日の間の参加者の中から毎週29位の方にフィリピン・セブ島までの往復航空券があたります。
29位は今年チェリーヒルズゴルフクラブが開場29周年であることから特別賞として設定されました。

「何度でもいきたい楽園フィリピン・セブ島」
フィリピン航空直行便で日本から4時間半でいける人気のプレミアムリゾートアイランド。
リゾートや観光・ショッピングの他にも、セブ島でも本格ゴルフが楽しめます。

島内には、セブの街が一望できる山岳コースや、空軍基地内に位置するコースなど、特徴をもったゴルフコースがあります。
なかでも、1928年開場のセブカントリークラブは別格。フィリピン国内屈指の名門クラブで、国際トーナメントが開催されたこともあります。
南国情緒たっぷりなビーチリゾートに滞在しながら、思う存分にゴルフ・観光・ショッピング・カジノを楽しむ。
この冬のバカンスはフィリピン・セブ島で決まりです。

特設サイトはこちら(http://www.chgc.jp/longrun2018/



そんなフィリピン・セブ島までの往復航空券があたるフィリピン航空ロングランコンペにぜひご参加ください。


フィリピン航空ロングランコンペ第2週目の当選者が決定

第2週目は8月21日から8月26日の参加者が対象となります。

ご当選者様にはチェリーヒルズゴルフクラブよりお電話にてご連絡申し上げます。

2週目の結果はこちら(http://www.chgc.jp/longrun2018/result/20180820-26result.pdf

9月9日まで毎日開催しておりますので、ご来場の際はご参加をお待ちしております。

 



フィリピン航空ロングランコンペ第1週目の当選者が決定

(2018年08月24日)

チェリーヒルズゴルフクラブで開催されている「フィリピン航空ロングランコンペ」

このロングランコンペは、8月13日~9月9日の期間で開催されており、月曜から日曜日の間の参加者の中から毎週29位の方にフィリピン・セブ島までの往復航空券があたります。
29位は今年チェリーヒルズゴルフクラブが開場29周年であることから特別賞として設定されました。

参加者はプレー前にフロントにて参加申込を行えば、どなたでも参加できます。

参加費1,000円で、参加賞のオリジナルゴルフマーカーやボール・ワインなどの参加賞がその場でもらえます。
中でも、チェリーヒルズゴルフクラブのロゴをあしらったオリジナルゴルフマーカーは「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の3色が用意され人気を集めています。

オリジナルゴルフマーカーはこちら(http://www.chgc.jp/longrun2018/)よりご覧いただけます。



フィリピン航空ロングランコンペ第1週目の当選者が決定

第1週目は8月13日から8月19日の参加者が対象となります。

ご当選者様にはチェリーヒルズゴルフクラブよりお電話にてご連絡申し上げます。

1週目の結果はこちら(http://www.chgc.jp/longrun2018/result/20180813-19result.pdf

9月9日まで毎日開催しておりますので、ご来場の際はご参加をお待ちしております。

 

≪前のページへ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 次のページへ≫